総量規制とその対象

カードローンは事前に審査が通っていれば、借りる時には審査することなくお金を借りることができる金融商品です。教育ローン、自動車ローンのように利用目的もフリーですし、無担保、保証人無しでお金を借りることができます。

 

借りる時は、カード発行会社のATM、提携するコンビニエンスストア、提携銀行のATMを利用してお金を借りることができます。返済はローンという名があるように月々の均等払いになります。

 

カードローンを発行している金融機関は銀行、信販会社、消費者金融がありますが、銀行系と消費者金融系のカードローンには大きな違いがあります。それは総量規制です。銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法に基づいて経営しています。

 

総量規制は消費者金融のみに対象となります。総量規制は原則年収の1/3までと規制されておりますし、無職である配偶者が借りる時には同意書が必要であったり、夫婦の証明である住民票が必要となったりします。他にも、複数のカードローン会社を利用するときには金額によりますが、年収を把握しなくてはいけない、利息制限法を越える貸付が禁止であったりします。

 

ただ、実際には専業主婦は消費者金融での借り入れは不可とするところがほとんどのため、専業主婦がカードローンを利用する際には来店不要のイオン銀行カードローンのような対応をする商品を利用する必要があります。

 

この総量規制は消費者金融系のカードローンのみ対象となり、銀行系カードローンは対象外となります。